ICTが変える教育現場



ict の活用の糸っていうのは大きく分けて4つあります 一つがまず意欲関心を拡充するということです 例えばイメージ化を広げたりそれから集中力を高めたりということですね 二つ目が知識の定着とか理解に保管に使えます 例えばそうですねあのリカなんかでね 細胞分裂のところこれ紙の資料4がありますがやっぱりその動画で動いた方がいいし 体験できないことが情報として見ることができるというような予算があったり それからまあ繰り返しの通りですねそういうときに使ったりしますそれから3点目が これがですね技能の習得です え 例えばその体育とかね音楽とかで模範演技を見たりあるいは自分の映像を見て肘が 曲がっているとかそういうことを確認する つまりわかるということからできるにいうか そして最後がですね施行の新拡大つまり 考えることを深めたり広げたりするときに使う 特に 良い思考の可視化ですねそういう時に ict は非常に向いています するというのは例えば今までのですね紙のノートそれからワークシート そういうものもありますところでこれは性的なツールだと思います 書き込むことはできますが保存したり転送したりできません ところがタブレット端末というのはこれ動的なツールですよね 何か写真を撮ってその上に書き込める 大きくできるそれから動かすことができるそして 電子黒板等に転送できるですのでこういうツールの特性をうまく生かして性的なツール と動的なツールをうまく組み合わせて使うということがこれから重要になってくると 思います 紙のノートどちらかというと先生が黒板に書いたことをしっかり打つしときなさいよと 言って まあその通り移したりそれからその練習問題を解いたりということでかなりこれは個人 の中でクローズド 閉じてたわけですねところがこれが友達のものと比較をしたり いろんな場面でその共有することが出てきます ということでは閉じたノートから開かれたの音へということにこれから変わっていくん じゃないかなと デジタルだけで授業が完結するわけではありません 紙のノートで書いたものを取って置いてその上に書き込んだり脅威をするこのアナログ とデジタルを 行ったり来たりするというところが非常に肝だと思っています 教師もそういうことを意識しながら授業デザインをするということが求められるように なってくるということで まあこれからの授業スタイルを変える1つのアプリになるんじゃないかというふうに 思っています

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *