"身の丈"IoT現場レポ:iPhoneで進捗報告、 工場内にSiriの音声が響く! ~日進工業 編~



ん [音楽] [拍手] [音楽] iot を積極的に活用する動きが中小企業でも広がっています 目的は人手不足への対策や生産性の向上 10万円と安価な身の丈 iot システムを使うことで工場の稼働率を8割から9割 に向上させた 日信工業の取り組みを紹介します 日信工業は昭和40年9月の設立 40年以上にわたり自動車用の精密樹脂部品の製造に取り組んできました 従業員数は現在300名弱 愛知県碧南市の本社工場平成27年に設立した武豊工場など国内の生産拠点に加え中国 の3都市に現地会社を構えています iot システムは3年ほど前から本格的に導入 2017年からは中国産工場でも導入を進めており日本にいながら中国工場の状況も リアルタイムに把握できます全部車台で作ったんですけどまぁ特別品を使わずに 一般的にある高やすいモバイル媒体とかそういうものをうまく利用した 公表システムです宇宙を機会に150台 設備がありますがそれを簡単にこう見えるようにする 画面をどうしたらいいかというの かな議論してですね 本社工場では約110台の射出成形機が稼働しています 成形機一つ一つに専用装置を取り付け 収集した生産実績のデータを工場内の&に随時反映します 装置の稼働時間一時的なトラブルで停止した時間 材料を注入するための待ち時間などが秒単位でわかる仕組みです まずは 工場の中で何が起きてる間っていうのを全部見える化してデータがあるんだそれ 紐付けして 発信できないかっていうことでいろんな指示が出る 東証私どバブルが終わって1部そこがありましたから 無人化を進めていましたちょうど生産効率化っていう勉強を始めていくと 持っている機械が最大限の 能力を発行する作るフォントが要は効率化にストアがあるってことを ちょっと目覚めですねじゃあどうやって機会を100% 動かすことができるかということでウダを見える化してなるべく機械を止めないように する 情報をインターネットに送信する端末は数千円で買える小型コンピューターを使い ディスプレイはネット通販を使って安価に購入したテレビを利用しました 異常発生から作業仕掛けのタイミングは siri の音声で知らせます どの設備が止まっているかその理由が何か 修正のために何をしているかいつ再稼働したかがすぐにわかる仕組みです トラブルや材料が不足した際に行員が押すボタンもファミリーレストランなどで使われ ている市販品を利用したものです 現場の方にタワー 全部中国製の安いテレビ 用意していますそれにスティック pc 使ってやっ 現場端末もバーコードリーダーとか スマホもソフトを作ってスマホで管理しようということで今使っているのはもう みなさんが使ってるからスマホの2世代くらい前 スマホを使ってまして中古屋さんにいくとものすごく安く買えるもんですから ゲイパーそれがもポンポン使っています 作業進捗の記録や報告も文字や数字の手書きではなくアプリにすることで従業員の負担 を減らしています 工夫と試行錯誤を繰り返した手作り感あふれるシステムが特徴です もの事ですねあ 社員は他のソフト脱出タグのはないものですから どういうものがスタンダート知らない 貨車にはないよ もともと今 iot って言われてるんですけど 生産系額を自動でコンピュータに入らないか リアルタイムで見えないかっていう発想で あの作ったんですよでその後の今の音声で 発信するとか iphone でやるとかそういうデータを入れるところは現場の子達 が 兵法で始まったんで 最近大きい脳は僕が見てを吐露してこんなことをやれるんだっていうのが多いですね 武豊工場の組み立てラインではせる事にディスプレイを設けそこに生産目標や稼働率 などを表示しています 稼働データを分析することでネックとなる生産工程やラインの停止状況が明らかになり ました この1年でチョコ停の回数や想定し時間が劇的に改善 平均設備稼働率も8割程度から9割以上に向上しました 数字デー株で隠れて優秀な子 ポツポツやることか真面目にやってる子がとても評価される 休憩時間にトイレ行くときに 見てわからずがあのランキング見たければわかるんですから 密かにそれ やっぱり俺が一番いいと思ってもらえるのがちょっとした モチベーションアップになって 日新工業ではこの中小企業向けシステムの開発も進めています 10万円から導入できる手軽さが売りで開発の一部を中国深センのベンチャー企業に 委託したことで低価格を実現しました まずつけてもらって 感じてもらいたいなぁという 製造業さんっていうのはものを作る機会は投資をするんですから こういう監修したりとかいはもともとものを馬大ような設備はお金の も買うかなぁと思ってつけない場合が多いんですが 確実につけていくといろんなことが見えてくるって言う 2ですので 行ってみる事が まずやってみることが 確かなと言う 日信工業の iot 導入のポイント 1機械の稼働率100%を目指した iot 導入 に10万円の身の丈 iot システム構築 3従業員のモチベーション向上 4機械稼働率が8割から9割に向上 5中小企業向けのクラウド電車行灯の外販 iot システムに使う端末は大手 it ベンダーから購入すれば1台30から 40万円 あんどんディスプレイは100万円を降りません 日信工業では数万円で買える中後の iphone や液晶テレビ 小型 pc スピーカーを組み合わせ10万円程度に抑えることに成功しました データはすべてクラウドに上がり手元の端末でいつでもどこでも確認できます [音楽]

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *