セッション概要説明「学ぶ、使える、NIIが展開する研究データ管理について」:コンテンツ・OSトラック



んわ 2 7 ブーフ 2 それでは早速セッションの概要説明を最初に私で からさせていただけると私極上学研希少分さん椅子基盤研究センター後今山と申します よろしくお願い致します 本セッションの趣旨ですがオープンサイエンス ニームプール研究ゼッターという目に入ったいても各大学で研究データ管理 がまあ進められているわけですがその間 これがイノベーションしそうです頭指定の中 研究プロセスの透明性を高め研究不正方針にも貢献しているということはもうすでに皆 さんご存知かと思います そこで本セッションの前半では 区にあるゲーム現在実証実験ということで 5つの大学たまにお試しいただいている実際学内で認証連携をして頂い て学内でも議論に使っているとあるいは えっ 技術的な検証のために確認あるという部のテストをいただきていますその実例 おおーー 描く様からご紹介してさせていただきましてその後に鋭角にあるゲームの最新の開発の 状況やマジで実証実験の状況などを 殺到ご紹介させていただければと思います そしてそこのせいしょん後半は研究心者の食べと rtm 教材であるをの雷講座の まあトレーニングある dm のプレーニングのための共催トレーニングツールのぱー ぽ もうございますので後半の3 a 30分はそういったうまくとなっております で会実際 a 第一部といたしましてはシステムの話題になります 最初に京都大学の先生2番目に a o 谷第3期先生 3人メディばあ名古屋大学の小川先生で4人目がぁああこれはたし悔しいしが nii からお話させていただいた後4人でディスカッションをしますパネルディスカッション の様子この際に会場のからもうん 質問をあらかじめ受け月8日と思いますので我々の4人の発表の間にいいけどここに この今アドレスを埋めもをしていただくカーマ qr コードでスマートフォンでログ インしていただければと google ドッグスの方にか聞こえるようになってます のでそこに質問状を上げておいて いただくとそれを拾いながらパネルディスカッションを進める形で進めたいと思って おります 後半第2部は研究データ観客トレーニング教材ということでこれ以上が研究所の恒川 古川 お城が順に研究データのトレーニングするための教材研究支援者のための桜 トレーニング教材について外をさせていただきます それでは早速最初のスピーカーであるます 大木先生よろしくお願い致します

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *